福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

ここがポイント from 沖縄 & 福井

「政治色が強い」会場使用認めず 孫崎享さん勉強会「沖縄とトランプ大統領」

沖縄県立博物館・美術館  県立博物館・美術館を運営する指定管理者「沖縄美ら島財団」(花城良廣理事長)は3日まで・・・
  • 沖縄タイムス
  • 2017-03-04

除染費の累計2兆6千億円 福島原発事故で環境省集計

 環境省は3日、東京電力福島第1原発事故による除染費が2016年度までの累計で約2兆6千億円になる見通しに・・・
  • 福井新聞
  • 2017-03-04

小泉元首相「原発ゼロでも発展可能」 福島で講演

福島県郡山市で講演し、脱原発を訴える小泉元首相=2日午後  小泉純一郎元首相は2日、東京電力福島第1原発事故・・・
  • 福井新聞
  • 2017-03-03

福島第1原発、遮水壁4カ所を凍結

 東京電力は2日、福島第1原発1〜4号機周辺の地盤を凍らせる汚染水対策「凍土遮水壁」の山側に設けた未凍結区・・・
  • 福井新聞
  • 2017-03-03

原発審査での残業「規制外」廃止へ 3月31日付で廃止、厚労省発表

 厚生労働省は2日までに、原発再稼働に向けた審査に当たる電力会社の業務を、労働基準法で定めた残業時間規制の・・・
  • 福井新聞
  • 2017-03-03

もんじゅ、廃炉決定後初の検査 規制庁、内容は従来通り 

保安検査開始に伴い、検査項目を伝える原子力規制庁の宮脇安全管理調査官=2日、福井県敦賀市のもんじゅ  原子力・・・
  • 福井新聞
  • 2017-03-03

社説[辺野古・高江工事費増大]基地押し付けの結果だ

 名護市辺野古の新基地建設で、キャンプ・シュワブ沿岸の臨時制限区域(常時立ち入り禁止区域)を示すブイやフロート・・・
  • 沖縄タイムス
  • 2017-03-02

社説[辺野古代替案提言]計画見直しのうねりを

 米軍普天間飛行場の辺野古移設計画について検討してきた民間のシンクタンク「新外交イニシアティブ(ND)」は27・・・
  • 沖縄タイムス
  • 2017-02-28

新基地不要の普天間返還案とは 「新外交イニシアティブ」が提言

(左から)屋良朝博氏、半田滋氏、柳澤協二氏  シンクタンク(ND)は27日、米軍普天間飛行場移設問題を考えるシ・・・
  • 沖縄タイムス
  • 2017-02-28

対米従属で限界露呈 基地負担軽減の成果見えず 外務省沖縄事務所・開設20年 

外務省沖縄事務所開設20周年レセプションで翁長雄志知事(中央)ら出席者と乾杯する岸田文雄外相(左)=25日午後・・・
  • 沖縄タイムス
  • 2017-02-26

「この部隊を県外に移転すれば解決できる」 辺野古に代わる選択肢、政策提言の中身

名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ沿岸  在沖海兵隊を巡る新外交イニシアティブ(ND)の政策提言は、現行の米・・・
  • 沖縄タイムス
  • 2017-02-26

辺野古以外の選択肢訴え 普天間返還で提言 新外交イニシアティブ

記者会見する(左から)ジャーナリストの屋良朝博氏、東京新聞論説兼編集委員の半田滋氏、元内閣官房副長官補の柳澤協・・・
  • 沖縄タイムス
  • 2017-02-26

社説[嘉手納爆音訴訟判決]日米の無策 司法が助長

 住民の健康に被害を及ぼすほどの爆音が発生しているのに、国や裁判所はそれを止められない-。 第3次嘉手納爆音訴・・・
  • 沖縄タイムス
  • 2017-02-24

規制委「お墨付き」も遠い再稼働 大飯3、4号など見通し立たず

関電が年内の再稼働を目指している高浜3、4号機(上段)と大飯3、4号機(コラージュ)  大飯原発3、4号機(・・・
  • 福井新聞
  • 2017-02-23

健康被害、協定違反、外来機… 第3次嘉手納爆音訴訟の争点まとめ

 米軍嘉手納基地周辺の住民2万2千人余が、米軍機の深夜早朝の飛行差し止めや損害賠償などを求めた第3次嘉手納爆音・・・
  • 沖縄タイムス
  • 2017-02-22

もんじゅ運転停止前提に初訓練 電源喪失想定、380人対応確認

もんじゅの総合防災訓練で、情報収集する現地対策本部の職員ら=21日、福井県敦賀市白木のもんじゅ  廃炉が決ま・・・
  • 福井新聞
  • 2017-02-22

今も年に数度「新種」発見、研究者も驚く独特の世界 沖縄・大浦湾を知っていますか?

海底から10メートル以上にそそり立つアオサンゴの大群落。沖縄本島内では最大級という(すなっくスナフキン提供) ・・・
  • 沖縄タイムス
  • 2017-02-19

ほぼ手つかず、収束見えぬ福島第1 爆発から6年、現場に苦悩

無残な姿の1号機(左)と溶け落ちた核燃料と見られる塊が内部で見つかった2号機=2月6日、福島県大熊町の福島第1・・・
  • 福井新聞
  • 2017-02-17

もんじゅ人為ミス昨年発覚後も続発 原子力規制庁の保安検査報告で判明

 日本原子力研究開発機構の高速増殖原型炉もんじゅ(敦賀市)で、昨年9月に3件の人為ミスが起きて対策を講じた・・・
  • 福井新聞
  • 2017-02-16

ふげん、保安規定違反と判定 規制委、廃炉作業後で初

 原子力規制委員会は15日、本年度第3四半期の保安検査結果を公表した。廃炉作業中の日本原子力研究開発機構の・・・
  • 福井新聞
  • 2017-02-16