福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

オスプレイ

オスプレイ
オスプレイ

 米国のベル社とボーイング社が共同開発した、垂直離着陸が可能な航空機。主翼両端の回転翼とエンジンの角度を変えることで、ヘリコプターのような垂直離着陸と、固定翼機並みの速度での飛行が可能。当初は米4軍で装備する計画だったが、現在製造・配備されているのは海兵隊のMV22と、空軍のCV22。これらを総称して「V22」とも呼ばれる。
 1989年に試作機が初飛行した。その後2000年までに発生した4件の墜落事故とそれに伴う飛行停止、原因究明で計画が遅れたが、改良や評価試験の末、2005年に米政府が「安全基準を満たす」として量産が決定した。