福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

名護市長「基地問題にとどめ刺す年に」 元旦の辺野古

  • 2016年1月1日
  • 12:55
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
初日の出を望み参加者が輪になって歌い、踊った=1日8時すぎ、名護市辺野古の浜
初日の出を望み参加者が輪になって歌い、踊った=1日8時すぎ、名護市辺野古の浜

名護市辺野古の新基地建設に反対する市民約700人が1日朝、辺野古の浜に集まり、新年行事の「初興し」を開いた。祈願の後、琉球舞踊を奉納。全員が手をつないだダンスやカチャーシーも飛び出し「今年で新基地問題を終わらせる」と誓い合った。

名護市の稲嶺進市長は「基地問題にとどめを刺す年にしたい。ひるまず、とどまらず、力を合わせよう」と呼び掛けた。ヘリ基地反対協の安次富浩共同代表は「今年は大きなヤマ場を迎える。勝ち抜こう」、沖縄平和運動センターの山城博治議長は「政府の弾圧に耐え抜き、必ず夜明けをつくろう」と訴えた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース