福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「辺野古反対とは言えない」民主・岡田代表が翁長知事と初会談

  • 2015年10月22日
  • 11:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
民主党の岡田克也代表(右)と会談する翁長雄志知事=20日、東京永田町の民主党本部
民主党の岡田克也代表(右)と会談する翁長雄志知事=20日、東京永田町の民主党本部

 【東京】翁長雄志知事は20日、民主党の岡田克也代表と党本部で初会談し、名護市辺野古の新基地建設問題について意見交換した。会談後、岡田氏は記者団に「政府には沖縄に寄り添う姿勢がない。集中協議を1カ月で打ち切り、工事を再開したことは極めて遺憾であり、今の(辺野古新基地建設の)やり方は反対だ」と政府の姿勢を批判した。

 一方、普天間飛行場問題の解決策については「対案がない中で無責任に辺野古反対とは言えない」と述べ、辺野古への新基地建設は容認する立場であることを明らかにした。翁長氏にも会談で伝えたという。

 岡田氏は対案を模索するか問われたが、「われわれが与党時代もさまざまな案を検討したが見つからなかった」と否定。対案を見つけるのは困難だとの見方を示した上で、政府に努力を求めた。

 この日の会談は民主側から持ち掛けて実現。党本部の枝野幸男幹事長、県連の花城正樹代表、清水磨男幹事長らが同席した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース