福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

入砂島で予防着陸の米軍ヘリ、飛行再開 トリイから普天間へ戻る

  • 2019年2月15日
  • 12:21
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
(資料写真)AH1攻撃ヘリ
(資料写真)AH1攻撃ヘリ

 渡名喜島の沖合約4キロにある入砂島に予防着陸し、点検のため読谷村の米軍トリイステーションに運ばれていた米軍普天間飛行場所属のAH1攻撃ヘリが飛行を再開し、15日午前10時55分に同飛行場に戻ったのが確認された。沖縄防衛局から連絡を受けた宜野湾市によると、着陸時のトラブルなどはないという。正午現在、同飛行場内に緊急車両が出るなどの異常はない。





 米海兵隊は予防着陸について「警告灯が点灯したため」と述べるにとどめ、原因などの詳細は明らかにしていない。





 AH1攻撃ヘリは6日から何らかのトラブルで入砂島に駐機。11日午前、CH53E大型ヘリにつり下げられて、トリイに運ばれていた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース