福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

ウミガメ3匹、辺野古の海に 埋め立て現場から150m

  • 2019年2月9日
  • 15:17
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
辺野古新基地建設現場の沖合約150メートルを泳ぐウミガメ=9日午前9時43分
辺野古新基地建設現場の沖合約150メートルを泳ぐウミガメ=9日午前9時43分




 




 沖縄県名護市辺野古の新基地建設現場から150メートル付近の浅瀬で9日午前、ウミガメが計3匹泳いでいるのが見つかった。「K4」護岸を挟んだ内側では埋め立ての土砂投入が続いた。カヌーや船で抗議行動をした市民は「この海を守れ」と声を上げた。





 一方、大浦湾側の「K9」護岸付近では、沖縄防衛局がフロートに金属製の支柱を立て、進入防止用のロープを張り巡らせているのが確認された。作業は7日に始まったという。





 2017年にも同様にロープを張ったが、台風などによる波風で全て壊れた。市民は「なぜまた同じことを繰り返すのか」と首をかしげた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース