福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

県民投票へ熱気 ウーマン村本・護得久栄昇さんらイベント

  • 2019年2月4日
  • 06:35
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
「沖縄の民主主義を考える夜」で語り合う元山仁士郎さん(右から2人目)、村本大輔さん(同3人目)ら=3日、那覇市
「沖縄の民主主義を考える夜」で語り合う元山仁士郎さん(右から2人目)、村本大輔さん(同3人目)ら=3日、那覇市

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設に必要な埋め立ての賛否を問う県民投票まで3週間を切った。投票について知ったり、考えたりしてもらおうと、3日は県のPRイベントや若者の模擬投票などが開かれた。





元山さん、まーちゃんら民主主義語る





 「『辺野古』県民投票の会」代表の元山仁士郎さん(27)やお笑い芸人、ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんら4人が語り合う「沖縄の民主主義を考える夜」が3日夜、那覇市内であった。基地問題や県民投票についても意見を交わした。





 酒を飲みながら気軽に民主主義を語ろうと、村本さんの私設ファンクラブのメンバーらの実行委員会が企画した。村本さんは基地建設について、過去3回の知事選の結果を踏まえ、「無理やりすることが嫌。もうちょっと尊重しろ。怒るべきなんですよ」と語った。





 お笑い芸人の「まーちゃん」こと小波津正光さんが、これまでも知事選の結果などが本土の人に響いていないとして、県民投票で示した結果が本土の人に届くのかという疑問を示すと、村本さんは「球根に水をやるような感覚。水をやると徐々に咲いてくる。民主主義を育てることが大切」と語った。









護得久さんとFEC 歌と笑いで投票PR





 県民投票への参加を呼び掛ける沖縄県の県民投票キャラバンが3日始まり、西原町のサンエー西原シティで、タレントの護得久栄昇さんらが買い物客らにPRした。





 演芸集団FECの小喜劇「あぎじゃび商店」では、笑いを交えて、県民投票は選挙と違って県民の意思を示すものということや18歳以上が投票できること、「賛成」「反対」「どちらでもない」のどれかに○をつけて投票することなど基礎知識を説明。投票の権利を大切にするよう呼び掛けた。護得久さんも歌で盛り上げ、「2月24日は県民投票行きなさいねー」とおなじみの口調で語りかけた。





 11日に那覇市のサンエー那覇メインプレイス、16日に北谷町のカーニバルパーク・ミハマ、17日に南風原町のサンエーつかざんシティ、23日に那覇市のパレットくもじ前広場でも開かれる。いずれも午後1時半と午後3時半の2回。









U17が「わたし達の県民投票」 88人が模擬投票





 主に17歳以下の若者に県民投票の模擬投票をしてもらう「辺野古を考える―U17・わたし達の県民投票」が3日午後、那覇市のサンエー那覇メインプレイスであった。88人がボードに設けられた「賛成」「反対」「どちらでもない」のいずれかにシールを貼った。





 浦城小5年の男子児童(11)は「きれいな海を汚すし、軟弱地盤で基地を造るのは危ないから」と、反対。一方、那覇小5年の女子児童は「基地を造って今後も米国と仲良くなりたい」と賛成を選んだ。





 企画したのは、那覇市のフリースクール「珊瑚舎スコーレ」の小5~高3の10人。高等部3年の橋本思織さん(18)は、「政治は人生と生活に関わる。話だけでも聞いて記憶に残ってくれれば」と見せた。





 10日に那覇市の希望ヶ丘公園、16日に那覇市パレットくもじ前、23日に北谷美浜アメリカンビレッジでも予定している。いずれも午後1時~3時。問い合わせは珊瑚舎スコーレ、電話098(836)9011。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース