福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

玉城デニー知事、「即刻工事を中止せよ」 国が辺野古の軟弱地盤を認める

  • 2019年1月31日
  • 12:19
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
名護市辺野古の軟弱地盤を問題視し国に新基地建設を止めるよう指摘する玉城デニー知事=31日、読谷村
名護市辺野古の軟弱地盤を問題視し国に新基地建設を止めるよう指摘する玉城デニー知事=31日、読谷村

 名護市辺野古の新基地建設を巡り、安倍晋三首相が大浦湾側の軟弱地盤の地盤改良の必要性を認めたことを受け、玉城デニー知事は31日午前、軟弱地盤の存在は県の埋め立て承認撤回の理由の1つとした上で「国が認めたならば、即刻工事を中止し、県との協議に応じるべきだ」と指摘した。





 国が地盤改良のため新基地建設計画の設計変更を県に申請した場合の対応については「現時点でコメントするのは差し控えるが、撤回に基づいて協議をすることが国の責任だ」と述べるにとどめた。





 沖縄防衛局が28日に撤回後初めて大浦湾の新たな護岸に着手したことについては「撤回は有効であり、国は一切の工事を止めるべきだ。K9護岸の(桟橋としての)使用や投入している土砂の性状検査の説明を求めても一顧だにしない国の姿勢は問題だ」と批判した。





 キャンプ・キンザー、トリイステーションの視察後に読谷村で記者団に語った。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース