福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「疲れるからフォロー外したわ」同級生に言われ落胆 政治的な発信を続ける意義

  • 2019年1月24日
  • 05:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
嘉陽宗一郎さんは県知事選期間中の2018年9月19日に投票を呼び掛ける動画をアップ、拡散された
嘉陽宗一郎さんは県知事選期間中の2018年9月19日に投票を呼び掛ける動画をアップ、拡散された

■幻想のメディア SNSの民主主義(3)第1部 何が起こったのか





 〈沖縄が変わる、いや僕らの世代で沖縄を変えていく〉





 昨年9月19日、県知事選候補者の佐喜真淳さんを支援する会の青年部長だった嘉陽宗一郎さん(24)=那覇市=は1本の動画をツイッターに投稿した。





 〈私は佐喜真淳さんを応援しています〉





 〈ほかにも3名の素晴らしい立候補者が出ています。4名の政策を比較して、誰が一番自分が理想とする沖縄に近いのかということを考えて、投票は必ず行ってほしいです〉





名護市長選での成功体験





 動画は約2分。画面の向こうの閲覧者に直接語り掛けるように正面を向き、身ぶり手ぶりを交えながら話した。動画は千回以上リツイートされ、再生回数約5万回の反響を呼んだ。





 ツイッターで呼び掛けようと思った背景には、同年2月の名護市長選での成功体験があった。渡具知武豊候補(現名護市長)の支援者の会の青年部長を務めた嘉陽さんは、候補者が掲げる若者向けの政策を頻繁にツイート。結果、相手候補に比べ若い支持者の獲得につながったと感じた。





 ネットの発信と合わせて、同市出身の若者を集め、意見を候補者の政策に反映させる会議を開いたことも効果があったと考えている。県知事選での動画投稿は「ネットの情報はリアル(現実)と連動すると価値が上がる」との経験則からだった。





 しかし好調なスタートを切ったかに見えた情報発信は、思わぬ方向へ転んだ。ネット上で相手候補を誹謗(ひぼう)中傷する発信者不明の投稿が相次ぎ、佐喜真候補側の情報発信に影を落としたのだ。「正直迷惑だった」。嘉陽さんは振り返る。





選挙情報に拒否反応





 嘉陽宗一郎さん(24)がツイッターのアカウントを開設したのは高校3年生の4月。前年から持つようになったスマートフォンで、日常の出来事を気軽に投稿していた。





 そんな使い道が転機を迎えたのは大学生の頃。2015年4月、若者に自分の夢を発表してもらい実現を支援するイベントを開く学生団体「Movement(ムーブメント)」を立ち上げたことがきっかけだ。





 「私自身に興味を持ってもらうことで、団体のイベントに足を運んでもらいたい」。そんな思いから、日々の出来事のほかに、ニュースへの意見などもつづり始めた。ツイートは共感を呼び、当初300人ほどだったフォロワーは、初回のイベントが終了した11月には千人を超えていた。





 こうした活動が議員たちの目に留まり、翌16年からは選挙運動に関わるように。市長選や衆院選で若者向けの候補者PR動画を作成し配信した。しかし選挙に関する発信が増えるにつれ、嘉陽さんのアカウントには批判や中傷が多く寄せられるようになった。





 〈何も知らないくせに政治に首を突っ込むな〉





 〈大人に利用されてるだけ〉





 「大学の同級生から『ツイート見てると疲れるからフォロー外したわ』と直接言われて落ち込んだこともあった」と嘉陽さん。選挙情報を発信するようになって知ったのは、政治的な主義主張に対する同世代の若者たちの拒否反応だった。





若者へ周知「意義ある」





 「選挙に関心がない人も多い。でもだからこそ発信する意義もある」。頭をよぎったのは15年のムーブメントの成功だ。16年、短文投稿のツイッターと違い字数制限のないブログを新たに開設し、より丁寧に政治に対する自らの思いを発信するようにした。





 18年2月の名護市長選で応援した候補者の勝利は、こうした経験を踏まえた先にあった。投開票日の前日には【#(ハッシュタグ)とぐち武豊の秘密を暴露】と題して、候補者の政策に若者たちの案が採用された経緯を紹介したブログのリンクをツイッターに掲載。瞬く間に拡散された。





 SNSの力を感じた。(「幻想のメディア」取材班)





 【ことば】#(ハッシュタグ) ツイッターやフェイスブックなどで、特定のテーマについての投稿を検索して一覧表示するための機能。関連した投稿を探しやすくなり、拡散されやすくなる効果がある。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース