福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

米兵、街路灯9本を壊し逮捕 沖縄 被害総額142万円 

  • 2019年1月13日
  • 10:04
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
米軍のパトカー(資料写真)
米軍のパトカー(資料写真)

 沖縄県警那覇署は12日、高さ1メートルの街路灯9本を壊したとして、トリイステーション所属の米陸軍3等軍曹の容疑者(22)を器物損壊の疑いで逮捕した。黙秘しているという。





 逮捕容疑は昨年8月30日午後6時ごろから翌31日午後5時ごろまでの間、座間味村座間味の道路に設置されている街路灯9本(損害額約142万6千円)を壊した疑い。





 署によると、村役場職員からの通報で発覚した。聞き込みなどの捜査から、容疑者の関与が浮上。署は米軍の協力も得ながら捜査し、逮捕状を取ったという。





 12日午前、那覇市古島で警察官が不審車両に停止を要求。職務質問したところ、身分証などから容疑者本人と分かり逮捕した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース