福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「普天間返還を成し遂げる」 防衛相、土砂投入を発表

  • 2018年12月14日
  • 11:57
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
名護市辺野古の埋め立て海域に土砂を投入したと発表した岩屋毅防衛相=14日、東京都大田区の羽田空港
名護市辺野古の埋め立て海域に土砂を投入したと発表した岩屋毅防衛相=14日、東京都大田区の羽田空港

 【東京】岩屋毅防衛相は14日、沖縄県名護市辺野古の新基地建設で埋め立て海域に初めて土砂を投入したと発表した。「22年越しの問題を今度こそ解決して、普天間飛行場の全面返還を着実に成し遂げたい」と述べた。





 岩屋氏は「抑止力を維持しつつ、沖縄の負担を軽減するために(普天間の)辺野古移設という方法しかない」と強調。「沖縄の皆さんにご理解いただけるよう、これからも粘り強く丁寧に説明を尽くしたい」と述べた。





 来年2月には新基地建設の是非を問う県民投票が予定されているが、「一歩一歩、前に着実に進めさせていただきたい」と述べ、作業を進める考えを示した。





 羽田空港で記者団に答えた。





 また、土砂投入前にあった首相官邸での記者会見で岩屋氏は、早ければ2022年とされている普天間の返還時期に関し、「目標の達成はなかなか難しいところにきていることは事実だ」との認識を示した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース