福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

基地機能の移転先模索 負担減へ自民有志の会初会合

  • 2015年9月25日
  • 06:10
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
会合の冒頭、沖縄の基地負担軽減の必要性を強調する菅義偉官房長官(中央)=24日、東京・永田町の自民党本部
会合の冒頭、沖縄の基地負担軽減の必要性を強調する菅義偉官房長官(中央)=24日、東京・永田町の自民党本部

 【東京】自民党は24日、沖縄の基地負担軽減策を検討する「沖縄の基地負担軽減をみんなで考える有志の会」(会長・島尻安伊子参院議員)を結成し、党本部で初会合を開いた。全国で沖縄の基地機能の移転先を模索し、年内に菅義偉官房長官へ具体案を提言する。

 顧問に就任した菅氏は「全力で沖縄の基地負担軽減に取り組む。政府としてやれることは全てやる」と意欲を示した。

 島尻氏は「負担軽減に取り組んでいることを県民に理解してもらうと同時に、議論を通じて沖縄の基地は日本全体の安全保障に関わっていることを知ってほしい」と述べた。

 有志の会は、地元に米軍や自衛隊基地を抱える国会議員24人で構成。取り組みの第1弾として、普天間飛行場のオスプレイの訓練受け入れを表明した群馬県榛東村などを訪問し、関係者と意見交換する予定。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース