福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

公明沖縄県本、FA18墜落で抗議 再発防止など要求

  • 2018年11月14日
  • 10:32
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
FA18墜落に抗議する公明党県本の上原章幹事長(左から2人目)ら=14日、外務省沖縄事務所
FA18墜落に抗議する公明党県本の上原章幹事長(左から2人目)ら=14日、外務省沖縄事務所

 米海軍のFA18戦闘攻撃機が那覇市から約290キロの海上に墜落したことを受け、公明党沖縄県本の上原章幹事長らは14日午前、外務省沖縄事務所を訪ね抗議文を手渡した。官澤治郎副所長は墜落した地点が排他的経済水域だったことを明らかにした上で、再発防止を米側に強く申し入れたと説明した。





 抗議文は(1)原因究明と公表(2)実効性ある安全管理体制と再発防止策の確立(3)日米地位協定の抜本的な改定―を求めている。上原幹事長は「政府はしっかり対応すると言うが、同型機はすでに飛行を再開している。同型機の訓練を停止し、総点検するくらいのことをお願いしたい」と述べた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース