福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

玉城デニー知事、米NYに到着 普天間飛行場の閉鎖・撤去を訴え

  • 2018年11月12日
  • 06:12
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
玉城デニー知事(資料写真)
玉城デニー知事(資料写真)

 【ニューヨークで大野亨恭】名護市辺野古の新基地建設阻止を訴えるため訪米している玉城デニー知事は11日午前(日本時間11日夜)、米ニューヨークに到着した。同日午後、ニューヨーク大学で講演し、新基地建設反対を訴え当選した知事選の結果などを示し、新基地建設によらない米軍普天間飛行場の閉鎖、撤去を訴える。





 13日から15日は首都ワシントンを訪問し、国務、国防総省関係者らと面談する予定。このほか、大学教授や元米政府高官、安全保障の専門家らとも意見交換する予定で、辺野古への新基地建設に反対する考えを改めて伝える。





 また、米国など海外に住むウチナーンチュらが玉城氏を支持する声明を発表しており、玉城氏は米国で県系人らへ沖縄の基地問題の現状などへの理解を広げたい考えだ。





 玉城氏は9月30日の知事選で、過去最多得票で当選。当選後、早急に米国を訪れ、新基地建設に反対する県内の民意を直接訴える考えを示していた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース