福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

宮腰沖北相、本部港を視察 クルーズ船拠点整備で

  • 2018年11月5日
  • 07:25
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
本部港の整備状況について説明を受ける宮腰光寛沖縄担当相(中央)=4日、本部町・本部港
本部港の整備状況について説明を受ける宮腰光寛沖縄担当相(中央)=4日、本部町・本部港

 来県中の宮腰光寛沖縄担当相は4日、本部港などを視察した。同港はクルーズ船による訪日客誘致の拠点となる「国際旅客船拠点形成湾港」に指定されており、整備状況を確認。平良武康本部町長は、クルーズ船による旅客数増加に備えた税関や検疫など入国管理機能の整備を求めた。





 宮腰氏は視察後、那覇空港で記者団の取材に応じた。名護市辺野古の新基地建設で使う石材などを搬出する本部港塩川地区の岸壁損傷については、「視察していない」とした上で、「所管の国土交通省と連携し、本部港の機能回復に向け、必要に応じて適切に対処する」と語った。





 3日の市町村長らとの懇談で要望のあった一括交付金の予算倍増については、「沖縄振興予算で、必要なものはしっかり確保する」と述べるにとどめた。





 宮腰氏は、4日は北部地域の観光施設や、ゆいレールのてだこ浦西駅予定地なども視察した。





 





本部港の整備状況について説明を受ける宮腰光寛沖縄担当相(中央)=4日、本部町・本部港


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース