福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

米軍の着陸帯「LHDデッキ」完成迫る 沖縄・伊江島

  • 2018年10月25日
  • 08:43
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
完成が迫るLHDデッキの改修工事。白い部分が耐熱特殊コンクリートで、左側が甲板を模した部分、右側が駐機場とみられる=伊江村(沖縄ドローンプロジェクト提供)
完成が迫るLHDデッキの改修工事。白い部分が耐熱特殊コンクリートで、左側が甲板を模した部分、右側が駐機場とみられる=伊江村(沖縄ドローンプロジェクト提供)

 【伊江】米軍伊江島補助飛行場内の着陸帯「LHDデッキ」改修工事が完成間近に迫っていることが、小型無人機による上空からの写真で24日までに分かった。市民による「沖縄ドローンプロジェクト」が撮影した。





 デッキは垂直離着陸できる海兵隊AV8Bハリアーの後継機、F35B戦闘機が使えるように設計された。中心部は激しいジェット噴射に耐える白い耐熱特殊コンクリートで舗装されている。強襲揚陸艦の艦橋や甲板を模した部分と駐機場に分かれる。空軍仕様のCV22オスプレイも収容する。





 米軍側はこれまで「11月またはそれ以降に完成予定」との見通しを示している。





 工事に反対してきた名嘉實伊江村議は「F35はハリアーより騒音がうるさいとされ、暮らしや畜産への影響を懸念して地域も反対している。やりたい放題の訓練をさせないよう監視していく」と話した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース