福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

あれっ? 北谷・ミハマの観覧車が緑色になった理由

  • 2018年10月24日
  • 09:24
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
緑色にライトアップされた観覧車=16日、北谷町カーニバルパーク・ミハマ(県保健医療福祉事業団提供)
緑色にライトアップされた観覧車=16日、北谷町カーニバルパーク・ミハマ(県保健医療福祉事業団提供)

 日本臓器移植ネットワークにより「グリーンリボンデー」とされている16日夜、県保健医療福祉事業団(浦添市、安里哲好理事長)は沖縄県北谷町内のカーニバルパーク・ミハマにある観覧車のグリーンライトアップを実施した。観覧車が緑色に染まり、同事業団は訪れた人に移植医療への理解を呼び掛けた。





 10月は厚生労働省が定める臓器移植普及推進月間に当たる。16日は1997年に臓器移植法が施行された日で、全国各地で施設や建物が緑色にライトアップされている。カーニバルパーク・ミハマは3年前から無償で協力している。





 台風24、25号で照明機器に不具合があり、一部点灯しなかったり別の色が交じったりした部分もあったが、普段と違う色合いの観覧車に立ち止まって見上げる人もいた。





 同事業団は28日には県立博物館・美術館で臓器移植に関するシンポジウムも開く。担当者の仲間貴享さんは「県内の臓器移植に関する認知度はまだ低いので、美しい緑色のライトアップを通じて、多くの人に関心を持ってほしい」と期待した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース