福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

米空軍オスプレイ運用に5回目の反対決議 嘉手納町議会

  • 2018年9月21日
  • 11:22
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
CV22オスプレイの嘉手納基地での運用に断固反対する意見書案を全会一致で可決する嘉手納町議会=21日午前11時前、嘉手納町議会
CV22オスプレイの嘉手納基地での運用に断固反対する意見書案を全会一致で可決する嘉手納町議会=21日午前11時前、嘉手納町議会

 【嘉手納】嘉手納町議会(徳里直樹議長)は21日午前、米空軍の輸送機CV22オスプレイの嘉手納基地での運用に断固反対する意見書案と抗議決議案を全会一致で可決した。CV22の運用や飛来に反対する決議は2013年1月から5回目。10月1日に横田基地へ配備すると防衛省が正式に発表したことを受け、県内での訓練によって基地負担の増大が必至として、あらためて反対の意思を示した。





 決議はCV22が県内の訓練空域で離着陸訓練や空対地射撃訓練を実施することを指摘。その上で「嘉手納基地での運用が推測され、住民からはさらなる騒音激化のみならず墜落等の重大事故の発生を懸念する声が高まっている」とした。





 また町議会は基地周辺の悪臭被害の発生源である可能性が極めて高いE3早期警戒管制機の駐機場の移転など有効な対策を求める意見書と抗議決議案も全会一致で可決した。





 2017年度の町の調査では悪臭の発生源がE3の排ガスであることが極めて高いことが明らかになっている。決議は排ガスによる大気汚染の実態を把握するための常時監視調査や人体に及ぼす影響の調査などを求めた。





 町議会の徳里直樹議長と當山均委員長ら基地対策特別委員は21日午後4時半に沖縄防衛局を訪れ、中嶋浩一郎局長に意見書を手渡す。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース