福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

安室奈美恵さん引退 歌姫、四半世紀の活動に幕 感謝の花火1万2000発

  • 2018年9月17日
  • 07:18
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
花火を鑑賞する安室奈美恵さん=16日、宜野湾市・花火ショー特設会場
花火を鑑賞する安室奈美恵さん=16日、宜野湾市・花火ショー特設会場

 沖縄県出身の歌手、安室奈美恵さん(40)が16日に引退した。四半世紀の活動をねぎらい、新たな門出を応援する花火大会「WE♥NAMIE HANABI SHOW supported by セブン-イレブン」(主催・沖縄タイムス社)が16日、宜野湾トロピカルビーチで開かれ、安室さんの楽曲に合わせて打ち上げられた花火が夜空を彩った。15日には同市の沖縄コンベンションセンター展示棟で前夜祭があり、出演した安室さんは「Hope」など8曲を熱唱。「会場に来てくださった皆さん、本当に本当にありがとうございました」と笑顔で有終の美を飾った。





 16日のイベントには、計3万人の観客が訪れた。





 15日の前夜祭にはシンガー・ソングライターの平井堅さん、県勢のMONGOL800、BEGINら計8組が出演した。コンサートの最後に現れた安室さんは胸に「I♥music!」と書かれた黒のTシャツ、パンツルックでキレのある歌とダンスを披露した。





 約3500人の観客は「安室ちゃーん」と大歓声を上げ、沖縄で生まれた日本を代表する歌姫の最後の姿を名残惜しんだ。





 安室さんはこれまで歌でコラボレーションしてきた平井さん、台湾の歌手・ジョリン・ツァイさんとステージで共演。タレントの山下智久さん、R&B歌手のDOUBLEさんもサプライズで登場し、安室さんは歌い終えるたびにガッツポーズを見せて感無量の表情だった。





 16日にあった花火ショーは「HERO」「TRY ME~私を信じて~」などの13曲に合わせた緩急ある演出でファンを魅了。1時間にわたり、色とりどりの花火1万2千発が夜空に咲き誇った。





 ラスト曲「Finally」で締めくくると、静けさの中「最後は笑顔で、みんな元気でねー! バイバーイ」との安室さんの声が会場に響いた。





 





おわび





 宜野湾市の沖縄コンベンションセンターや宜野湾トロピカルビーチ特設会場などで15、16の両日に開かれた「WE♥NAMIE HANABI SHOW」と前夜祭で周辺地域に渋滞や混雑を招き、ご迷惑をお掛けしました。おわびいたします。沖縄タイムス社


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース