福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

ラジオ体操に「ワンワン」声援 石垣島の人気者、車いすの雌犬まおちゃん

  • 2018年9月1日
  • 18:03
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
毎朝のラジオ体操会で、体操の掛け声に合わせて鳴き声を上げる車いす犬の「まおちゃん」=石垣市新栄町の新栄公園
毎朝のラジオ体操会で、体操の掛け声に合わせて鳴き声を上げる車いす犬の「まおちゃん」=石垣市新栄町の新栄公園

 6年前の交通事故で脊髄を損傷して後ろ脚が不自由になり、犬用車いすで散歩を続ける雑種の「まおちゃん」が、飼い主の石垣市石垣の上原文夫さん(63)と共に毎朝訪れる市新栄公園のラジオ体操で「1、2、3、4…」の掛け声に合わせるように「ワン、ワンワン」と鳴き、参加者を元気づけている。





 まおちゃんは8歳の雌犬。交通事故に遭い2歳の時から車いす生活だ。後ろ半身を車いすに乗せて前脚で引くようにして歩いている。





 そんな不自由な体だが、事故後も悪天候の日以外は必ず朝と夕の散歩を欠かさない。自宅近くの新栄公園を中心に1日計5キロの散歩が日課という。





 4年ほど前から、公園で毎朝開かれているラジオ体操会に立ち寄り始めた。





 最初は文夫さんの傍らで体操を見守るだけのまおちゃんだったが、そのうち参加者を励ますかのように鳴くように。伴奏や掛け声に合わせるかのように声を上げ、参加者がジャンプする運動では、まおちゃんの鳴き声も一段と弾む。





 「『まおも体操したいけどできないから、みんな頑張って』と言っているのかも」と文夫さん。





 今ではまおちゃんも体操会の常連と認められ、まおちゃん専用のラジオ体操出席カードを車いすに積んで参加する。文夫さんは「おかげで、まおも私も体調良好」と笑顔を見せた。





 体操会のリーダーで市浜崎町の砂川栄一さん(84)は「まおちゃんの声援でみんなハッスルする。人慣れしていて、特に子どもたちや高齢の皆さんに人気。体操会のアイドルです」と笑った。(太田茂通信員)


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース