福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

機銃に異常か、オスプレイ緊急着陸 嘉手納と奄美 同時に各1機

  • 2018年8月15日
  • 08:09
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
機銃にトラブルがあったとみられ緊急着陸した米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイ(左)と、点検・修理のために普天間飛行場から立ち寄った同型機(右)=14日午後、米軍嘉手納基地(読者提供)
機銃にトラブルがあったとみられ緊急着陸した米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイ(左)と、点検・修理のために普天間飛行場から立ち寄った同型機(右)=14日午後、米軍嘉手納基地(読者提供)

 米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイが14日、米軍嘉手納基地と鹿児島県の奄美空港に少なくとも2機が相次いで緊急着陸した。嘉手納に着陸した1機は、機銃に不具合があったとみられる。けが人の情報はないが、普天間のオスプレイが所属する基地以外の2カ所で同時刻に緊急着陸するのは異例。





 嘉手納基地には午後5時50分に機体番号「14」が緊急着陸し、同6時30分に別の「09」が着陸した。14に機銃のトラブルがあり、修理と点検のため09が飛来したようだ。国道58号に近い滑走路の西端で14の機銃の実弾を点検した後に取り外し、2機とも同7時ごろに普天間に戻った。





 奄美空港では午後5時22分ごろ、警告灯が点灯したため1機が緊急着陸し、午後7時20分ごろ離陸。搭乗員を数人残していたため、午後8時ごろ別の機体が同空港に飛来し、約10分後に離陸した。九州防衛局によると同空港では民間機に最大25分の遅れが出た。





 奄美空港には今年6月に空軍のオスプレイが、今年4月と昨年6月には普天間所属の海兵隊のオスプレイが緊急着陸した。





 普天間所属のオスプレイは2016年12月に名護市安部の海岸で墜落し、17年8月にはオーストラリア沖でも墜落。今年2月にはうるま市伊計島で部品を落下させた。





 また、普天間所属の米軍機はCH53ヘリが昨年12月に普天間第二小学校に窓を落下させたほか、今年に入っても別のヘリがうるま市や読谷村の民間地に不時着するなど事故やトラブルが相次いでいる。





 





機銃にトラブルがあったとみられ緊急着陸した米軍普天間飛行場所属のMV22オスプレイ(左)と、点検・修理のために普天間飛行場から立ち寄った同型機(右)=14日午後6時39分、米軍嘉手納基地(読者提供)





 





奄美空港へ緊急着陸後、ローターを再び回し始めたMV22オスプレイ=14日午後7時ごろ、鹿児島県奄美市笠利町(南海日日新聞社提供)


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース