福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

決勝は糸満-興南 高校野球沖縄大会 興南が7-2で嘉手納に勝利 

  • 2018年7月22日
  • 15:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
沖縄セルラースタジアム那覇(資料写真)
沖縄セルラースタジアム那覇(資料写真)

 高校野球の第100回全国選手権記念沖縄大会第12日は22日、沖縄セルラースタジアム那覇で準決勝2試合を行い、興南が嘉手納を7―2で制し、2年連続で決勝に進んだ。





 興南は二回1死一塁、西里颯の左前打、里魁斗の中前打に敵失も絡んで先制。さらに根路銘太希が右越え三塁打を放つなど、この回打者10人で5得点した。五、八回にも1点ずつ追加した。





 守っては藤木琉悠、當山尚志の継投で嘉手納打線を7安打2失点に抑えた。





 第1試合は糸満が北山を6―2で破り、3年ぶりの決勝進出を決めた。





 決勝は23日午後1時、沖縄セルラースタジアム那覇で糸満と興南が甲子園切符を懸けて激突する。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース