福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

慰霊の日 鎮魂と平和の思い、沖縄から発信 全戦没者追悼式

  • 2018年6月24日
  • 05:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
戦没者に哀悼の意をささげ、焼香する参列者=23日午後1時22分、糸満市摩文仁・平和祈念公園(下地広也撮影)
戦没者に哀悼の意をささげ、焼香する参列者=23日午後1時22分、糸満市摩文仁・平和祈念公園(下地広也撮影)

 戦後73年の「慰霊の日」となった23日、沖縄県内各地で20万人を超える沖縄戦の犠牲者を追悼する慰霊祭が営まれ、二度と同じ過ちを繰り返さないとの誓いと恒久平和を願う祈りに包まれた。沖縄戦最後の激戦地となった糸満市摩文仁の平和祈念公園では沖縄全戦没者追悼式(主催・県、県議会)が開かれ、県内外から遺族や関係者ら約5100人が参列。正午の時報に合わせて黙とうして戦没者の冥福を祈り、平和を願うメッセージを発信した。





 追悼式では、翁長雄志知事が平和宣言。続いて県遺族連合会の宮城篤正会長が普天間飛行場の早期移設を熱望するとともに、「戦争につながる新たな基地建設に断固反対する」と訴えた。また、老朽化する県内各地の慰霊塔を国の責任で維持・管理するよう求めた。





 来賓あいさつで安倍晋三首相は、沖縄の過重な基地負担の現状を「何としても変えていかなければならない」と強調。西普天間住宅地区跡地の引き渡しが3月に実現したことを挙げ、「跡地利用の取り組みが進んでいる。引き続き、沖縄の基地負担軽減に全力を尽くす」と述べた。大島理森衆院議長と伊達忠一参院議長も登壇。福井照沖縄担当相ら関係閣僚も参列した。





 港川中学校3年生の相良倫子さんは平和の詩「生きる」を朗読し、会場の万雷の拍手を浴びた。





 同公園内の「平和の礎」や糸満市米須に建つ「魂魄(こんぱく)の塔」には朝早くから遺族らが多く訪れ、梅雨明けした夏空の下、亡き家族らに思いをはせ、鎮魂の祈りをささげていた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース