福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

辺野古反対訴え140人座り込み 「K3」「N3」護岸で砕石投下

  • 2018年4月21日
  • 13:56
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
辺野古護岸工事の状況(2018年4月3日沖縄タイムスより)
辺野古護岸工事の状況(2018年4月3日沖縄タイムスより)

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前では21日午前、新基地建設に反対する市民ら約140人が集まり、座り込み抗議運動を続けた。稲嶺進前名護市長や沖縄平和運動センターの山城博治議長も訪れた。山城議長は「私たちは戦争ではなく、東アジアの平和を求めている」と訴えた。





 午後1時現在、建設資材の搬入はない。





 一方、キャンプ・シュワブ沿岸では「K3」「N3」両護岸で工事が進められ、海中に砕石が投下された。





 


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース