福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

夢追う母娘、高校では同級生! うれしはずかし入学式「一緒だから頑張れる」

  • 2018年4月11日
  • 05:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
トリマー、漫画家とそれぞれの目標に向けて勉学に励む花城正代さん(左)、優美さん=9日、北部農林高校
トリマー、漫画家とそれぞれの目標に向けて勉学に励む花城正代さん(左)、優美さん=9日、北部農林高校

 「娘と一緒だったら頑張れる」「恥ずかしいけどうれしい」-。沖縄県名護市に住む花城正代さん(35)と娘の優美さん(15)が9日、北部農林高校定時制課程農業科に入学した。2人の夢はそれぞれトリマーと漫画家になること。一人娘の進学を機に入学した正代さんは資格取得に向けた勉強を、優美さんは希望する専門学校の学費をアルバイトで稼ぎながら勉学に励む。





 学校嫌いで中学卒業後すぐに働き始めたという正代さんが定時制に通うことを決めたのは、学歴による給料の差だった。「職をいくつか変わっても(給料の差は)同じだった。高校は出ないといけないとずっと思っていた」。清掃のパートを続けながら、午後5時ごろから同9時半すぎまで授業に臨む。「入ったからには最後までやりきりたい」と、20年ぶりの学校生活に気を引き締める。





 小中一貫校の屋我地ひるぎ学園を卒業した優美さんは中学時代、美術の時間に絵を描く楽しさを覚えた。「先生が『楽しいところがあるよ』って県外の専門学校を教えてくれた。夢は漫画家になること」。母親との同時入学に「恥ずかしいけど、友達みたいな感じで一緒に通えるのはうれしい」と頬を緩めた。





 同高の中村幸弘教頭は「親子で定時制入学は久しぶり。定時制ならではの柔軟なカリキュラムで夢実現のアシストをしていきたい」と歓迎した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース