福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

洗濯の間に学べる、美容や健康管理 「一石二鳥」コインランドリーに行ってみた

  • 2018年2月24日
  • 07:11
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
日焼け止めや化粧下地についてアドバイスする仲村恵美さん(左から2人目)=南風原町津嘉山「RISE WASH」
日焼け止めや化粧下地についてアドバイスする仲村恵美さん(左から2人目)=南風原町津嘉山「RISE WASH」

 沖縄県南風原町津嘉山にあるコインランドリー「RISE WASH」の店舗スペースを活用して、利用客に学びの場を提供する「ハピネス講習会」が好評だ。昨年5月に開講し、これまでにアロマや顔ヨガ、フルーツ酵素作りなどを開催。近隣で商売を手掛ける事業者が講師を務めることも多く、地域の交流や情報交換の場にもなっている。16日に開かれた第6回の「美(ちゅ)らメイクレッスン」を取材した。(学芸部・座安あきの)





 





交流や情報交換拠点にも





 「目の下のくぼみにはワントーン以上明るい色味をおいて。口角や小鼻ゾーンも明るくするだけで、パウダーを乗せたときにきれいに見えます」





 講師は近所でエステサロンを経営するワミレス沖縄サロン「CuCuRu」の仲村恵美さん(41)。この日は、スキンケアの方法から化粧の下地、ファンデーションの色選びなどを手ほどきし、手早く仕上げる方法をアドバイスした。翌週は、アイカラーやチークなどのポイントメークを指導する予定だ。





 コインランドリーの常連客で、初めて講座に参加した女性(39)は、「普段家事で忙しいけれど、こういう場があると自分のために時間を使っている充実感が得られる」と笑顔で語った。





 講習会は、コインランドリーの稼働が少ない午後2~4時の時間帯を有効活用しようとコインランドリーを経営する當銘昌さん(35)と當銘綾乃さん(36)の夫婦で企画した。「無人のイメージがあるコインランドリーを、地域の住民同士のつながりが生まれる拠点にしたかった」と話す。





 「耳つぼジュエリー」や「プリザーブドフラワーディプロマ」など多彩な資格を持つ綾乃さんが、毎回の講座と組み合わせて健康や美容に関連したレッスンを提供するのも、魅力の一つになっている。





 綾乃さんは「洗濯や家事をしている間に、健康管理や美容の方法も学べて一石二鳥にも三鳥にもなれる。ぜひ活用してほしい」とアピールした。受講料や内容の問い合わせは當銘代表、電話080(3954)4120。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース