福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

メキシコのプロレス大好き、那覇で魅力発信 雑貨店「tope(トペ)」10年続けた思い

  • 2018年2月4日
  • 09:05
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
ルチャリブレのマスクや工芸品が並ぶ店内。普段は素顔で接客する与儀静香さんも「顔が新聞に出るといろいろ大変」とマスクをかぶった=那覇市牧志
ルチャリブレのマスクや工芸品が並ぶ店内。普段は素顔で接客する与儀静香さんも「顔が新聞に出るといろいろ大変」とマスクをかぶった=那覇市牧志

 ピンク色の壁に色とりどりのマスクや民族衣装、十字架が所狭しと並ぶ。那覇市の公設市場近くにあるメキシコ雑貨店「tope(トペ)」。今年、オープン10年目を迎えた。店主の与儀静香さんは「店を通じて知り合った人との縁を切りたくない」との思いで続けている。(社会部・伊藤和行)





 オープンは2008年。メキシコのお盆ともいわれる「死者の日」の11月2日、衣料品店や化粧品店が並ぶパラソル通りの一角で始めた。メキシコのプロレス「ルチャリブレ」のマスクや先住民族の刺しゅうが施されたアクセサリーやワンピース、ブリキ細工など、現地で買い付けたり取り寄せたりした雑貨を並べる。





 与儀さんのメキシコとの出会いは名桜大生だった20歳のころ。中南米の歴史を学ぶ現地学習でメキシコの遺跡を訪れ「ロマンを感じた」。6年後、現地の日本語学校に就職し約4年間、首都のメキシコ市に住んだ。





 はまったのがルチャリブレだ。激しい音楽の中、プロレスを見ながら観客が一心不乱に叫ぶ。「治安が悪い」と言われても1人で何度も観戦した。「忙しかった仕事を忘れられた。今でも週3回、ネット配信で中継を見ている」と笑う。





 07年に帰国。「メキシコの市場の雰囲気と似ている」と選んだ店舗は客が5人も入れば身動き取れなくなる狭さ。だがメキシコやプロレス好きの観光客や地元客がふらりと寄ってくれるという。「まだやっているか」と様子を見に来るリピーター、店番を任せ合えるまちぐゎーの仲間たち…。「まさか10年も続けられるとは思っていなかった。見守ってくれる人たちのおかげ。治安が悪いイメージのメキシコだが、他にない魅力を多くの人に知ってもらいたい」と話している。





 店は午前10時ごろ~午後6時ごろ。水曜日定休で不定休もある。23日~3月4日、県内で手作りされたマスクにまつわる雑貨を店に並べる「マスク好きアミーゴ会」を開く。問い合わせは、電話098(862)4000。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース