福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

那覇キャラの土産完成 2月6日に22品お披露目

  • 2018年1月31日
  • 08:43
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
龍柱会議のブランドで展開する土産品=那覇市・なは産業支援センター
龍柱会議のブランドで展開する土産品=那覇市・なは産業支援センター

 那覇市の特産品やイベントなどのキャラクターを活用した土産品が完成した。同市に拠点を置く6社が、絵本作家のしろませいゆうさんが描いたキャラクターをパッケージに取り入れるなど商品にアレンジを加え、22アイテムを開発。2月6日に那覇市久茂地のタイムスビルで開く先行お披露目会で発表する。





 キャラクターは龍柱、うふシーサー、マグロ、琉球泡盛、那覇ハーリー、那覇大綱挽(ひき)、オオゴマダラの7種類で、「龍柱会議」のブランド名で展開する。土産品の売り上げ向上と那覇市の観光資源PRを狙う。





 うちな~噺(はなし)家志ぃさー(本名・藤木勇人)さんが創作落語を制作。キャラクターたちが「なは土産」の開発を議題に会議を開く設定で、それぞれに個性を持たせた。





 沖縄物産企業連合、久米仙酒造、オキネシア、島酒家、テトラメイク、琉球ぴらすがキャラクターを活用して土産品を開発。泡盛やちんすこう、さんぴん茶などのパッケージのほか、Tシャツやトートバッグ、マグカップなどのグッズもある。グッズを開発した琉球ぴらすの翁長優子社長は「個性のあるキャラクターでにぎやかなブランド。お客さまが楽しめるようもっと展開していきたい」と話した。





 先行お披露目会では、土産品の展示販売や、志ぃさーさんの創作落語、民謡ショーもある。午前11時から午後7時まで。民謡ショーと創作落語は午後0時15分、午後3時、午後6時の3回。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース