福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

米陸軍攻撃ヘリ、カリフォルニア州で墜落 2人死亡 通常訓練中

  • 2018年1月22日
  • 08:13
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0

 【平安名純代・米国特約記者】米カリフォルニア州で20日午前1時ごろ(現地時間)、米陸軍のAH64アパッチ攻撃ヘリ1機が墜落し、乗っていた操縦士ら2人が死亡した。今年になって米軍機による死亡事故は初めて。





 米陸軍当局によると、墜落したのはコロラド州フォートカーソン陸軍基地所属機で、死亡した米兵らは同基地の第4歩兵師団第2旅団所属。カリフォルニア州内のフォートアーウィン陸軍基地で通常訓練中に起きたという。国防総省が原因を調べている。





 カリフォルニア州の地元テレビ局などは速報で伝え、米軍の訓練時における事故の増加傾向に歯止めがかからない状況に警鐘を鳴らしている。





 米軍機が2017年に非戦闘地域で通常訓練中に起こした墜落事故は22件で前年比で約38%増加。事故による死者数は37人で、前年の2・3倍に増えた。





 フォートカーソン基地は、イラク戦争時にはイラクに駐留していた米兵約13万人のうちの1割を派兵し、多数の犠牲者を出したことで知られている。





 在沖米軍も中東に断続的に展開しており、米空軍嘉手納基地所属の戦闘機F15などは、陸軍のAH64アパッチ攻撃ヘリなどと連携していた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース