福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

本部港から石材初搬出 辺野古新基地建設 ダンプ150台分

  • 2017年12月16日
  • 09:32
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
石材を台船に積み込むダンプカー=15日午前9時54分、本部港塩川地区
石材を台船に積み込むダンプカー=15日午前9時54分、本部港塩川地区

 沖縄県本部町の本部港塩川地区で15日、辺野古新基地建設に使う石材の海上運搬が始まった。10トンダンプカー約150台分の石材が作業船に積み込まれ、名護市辺野古沖へ向け出発した。沖縄防衛局によると16日午前、建設現場に到着する予定。





 石材の積み込みは午前8時半ごろ始まり、ダンプ十数台が採石場と港を何度も往復。接岸した台船に約3時間かけて石材を積み込んだ。





 市民によると、午後にはクレーン付きの作業船が台船に横付けし、石材を全て移し替え、午後3時ごろ出港した。新基地建設に反対する市民20人が午前10時半ごろからダンプカーの前に立ち「違法工事に加担するな」と抗議し、駆け付けた県警機動隊が強制移動させた。作業は約30分中断した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース