福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

30億9161万円でも足りず・・・ 沖縄で不発弾処理費が不足 12月で執行率94%に

  • 2017年12月15日
  • 09:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
(資料写真)不発弾処理のため、封鎖された道路
(資料写真)不発弾処理のため、封鎖された道路

 沖縄県議会は13日、各常任委員会を開いた。総務企画委員会(渡久地修委員長)で県知事公室防災危機管理課の上原孝夫課長は、不発弾等処理事業の本年度予算が不足していることを明らかにした。上原課長によると、本年度の予算額は30億9161万8千円だが、12月現時点ですでに執行率が94・8%に上っている。病院や保育園、共同住宅など大型施設の整備が例年より多く、不発弾探査工事が増えているためだという。県は内閣府と交渉して補正予算を求める予定。當間盛夫氏(維新)、又吉清義氏(沖縄・自民)、中川京貴氏(同)への答弁。





 土木環境委員会(新垣清涼委員長)で11月に応募を締め切った下地島空港(宮古島市)と周辺地域の利活用事業に関し、県土木建築部空港課の與那覇聰課長は、7事業の提案が挙がっていると明らかにした。リゾート関連や航空機整備関連、航空人材育成関連の事業などがあるという。座喜味一幸氏(沖縄・自民)に答えた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース