福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

米軍F35A:落下パネルは450グラム

  • 2017年12月5日
  • 10:40
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
着陸するアクセスパネル未装着のステルス戦闘機F35A=30日午前10時半ごろ、北谷町砂辺から撮影(読者提供、一部を加工)
着陸するアクセスパネル未装着のステルス戦闘機F35A=30日午前10時半ごろ、北谷町砂辺から撮影(読者提供、一部を加工)

 11月30日に米軍嘉手納基地に暫定配備されている最新鋭ステルス戦闘機F35Aが洋上でパネルを落下させた問題で、在沖米空軍第18航空団は5日、パネルは縦約30センチ、横60センチ、重さ約450グラムだったと発表した。





 また、当時、訓練は沖縄本島東104キロ(65マイル)付近で実施し、訓練後に落下を確認したとしている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース