福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

辺野古ゲート前「隠れた人権侵害、明らかにしたい」 人権調査の弁護士

  • 2017年12月2日
  • 11:39
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
ゲート前での人権侵害状況を報告する籠橋隆明弁護士(左端)ら=2日、名護市辺野古
ゲート前での人権侵害状況を報告する籠橋隆明弁護士(左端)ら=2日、名護市辺野古

 沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前は2日、新基地建設に反対する市民約200人が集まり抗議した。雨が降る中、座り込んで建設資材の搬入を警戒したが、午前11時現在、搬入は行われていない。ゲート前での人権侵害を調査した籠橋隆明弁護士らが1日に続いて訪れ「特に女性への配慮のない行為が多くある。隠れた人権侵害を明らかにしていきたい」と訴えた。





 沖縄平和運動センターの山城博治議長も訪れ「沖縄防衛局が海上搬送を始めるのは、ゲート前の座り込みで陸路搬入が難しいと認めた結果。今後は港からの搬送も止めていきましょう」と呼びかけた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース