福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「基地造らせない公約に反する」 市民団体、沖縄県に奥港使用許可の撤回要請

  • 2017年11月16日
  • 08:15
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
基地の県内移設に反対する県民会議の山城博治共同代表ら(右側)は奥港の使用許可の撤回を求めた=15日、県庁
基地の県内移設に反対する県民会議の山城博治共同代表ら(右側)は奥港の使用許可の撤回を求めた=15日、県庁

 沖縄県名護市辺野古の新基地建設で、石材の海上搬送のため、県が奥港(国頭村)の使用を許可したことに対し、「基地の県内移設に反対する県民会議」が15日県庁を訪れ、許可を撤回するよう県に要請した。山城博治共同代表は「あらゆる手段で工事を止めるという知事の公約に反する」と抗議した。県の謝花喜一郎知事公室長は「法令上、許可せざるを得なかった」と理解を求めた。





 山城共同代表は、奥港で13日以降、業者の台船が接岸しダンプカーが護岸建設用石材を積み込んでいることに、市民から不安や懸念が広がっていると指摘。県が使用許可を出したことに「理解できない。知事を支えてきたが、この状況が続けば民心は離れてしまう。撤回すべきだ」と強い口調で訴えた。





 応対した謝花知事公室長は、許可は弁護士と相談し港湾の関係法に従って判断したと説明。翁長雄志知事も了解していることを伝え、「不許可にすれば、結果として県が法令を守らないのかと指摘されかねない。新基地建設を造らせない考えに揺るぎはなく、皆さんの意見は知事に伝える」と答えた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース