福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

女子高生と異世界をつなぐのは… SFファンタジー短編、奥浜祥子さん大賞受賞 12月にラジオドラマ化

  • 2017年11月7日
  • 19:42
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
大賞に選ばれた奥浜祥子さん(中央)と審査委員ら=6日、那覇市久茂地・琉球放送
大賞に選ばれた奥浜祥子さん(中央)と審査委員ら=6日、那覇市久茂地・琉球放送

 斬新なSFファンタジー短編小説を募集する「第4回RBC SFファンタジー大賞」(主催・琉球放送、特別協賛・ぐしけんパングループ)が6日発表され、那覇市在住のタレント、奥浜祥子さん(29)の「タイムトラベルロッカー」が大賞に決まった。大賞受賞作はRBCiラジオでラジオドラマ化され、12月17日正午から放送予定。





 受賞作は県内の女子高生が異世界とつながるタイムトラベルロッカーを通じて、内部の人物と交換日記を始める物語。県内外の応募作計69点から選ばれた。





 初作品を応募した奥浜さんは「まさかこんな大きな賞をもらえるとは、思っていなかった」と喜んだ。





 優秀賞には伊藤まさきさん(48)=うるま市=の「不思議な転校生」、審査員特別賞には松田正さん(32)=読谷村=の「うたかたの紅、ひと思いに染まれ染まれ」、奨励賞には新里健一郎さん(50)=那覇市=の「最後の言葉」がそれぞれ選ばれた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース