福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「日本版海兵隊」沖縄に配備か 一部報道を防衛相否定「検討してない」

  • 2017年11月3日
  • 19:36
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
(資料写真)小野寺防衛相
(資料写真)小野寺防衛相

 小野寺五典防衛相は2日の記者会見で、離島奪還作戦などを担う陸上自衛隊「水陸機動団」の3個目となる連隊を米軍のキャンプ・ハンセンに配備するとした一部報道を受け、「3個目はまだ新編するかどうかも検討していない」と否定した。





 「日本版海兵隊」とも呼ばれる水陸機動団は2018年3月に新編され、2個連隊が長崎県の相浦駐屯地に配備される。





 3個目を増設する場合、在沖米軍基地が配備先として対象になるかどうかは言及を避けた。一部報道では、在沖米海兵隊の一部がグアムに移転した後、20年代前半にハンセンを米軍と共同使用して駐留する計画とされている。





 小野寺氏は1日に第4次安倍内閣で防衛相に再任されるに当たり、北朝鮮の脅威を抑止するための米国との関係強化、沖縄をはじめとする基地負担軽減の実現などの指示があったことを明らかにした。 


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース