福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

沖縄のハブ、捕獲後はどうなる? 買い取る自治体もあるが…

  • 2017年9月6日
  • 05:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
冷凍保存されたハブと加工されたハブ革=5日、南風原町のyu-iFACTORY
冷凍保存されたハブと加工されたハブ革=5日、南風原町のyu-iFACTORY

 沖縄県内全域に幅広く生息し、2日には粟国島でも初確認されたハブ。猛毒を持つため捕獲後は殺処分されることが多く、本島北部や離島地域の一部の市町村役場では、住民が駆除したハブを1匹千~3千円で買い取っている。ただ、その後の扱いは「ごみに出す」「焼却処分にする」「製品の材料として活用する」と分かれている。(社会部・嘉良謙太朗)





 県によると、2015年に県内で駆除されたハブは約4千匹で、警察や役場が捕獲したハブは、県衛生環境研究所に無償提供されることが多いという。ハブ酒を扱う会社に買い取ってもらっているところもある。





 一方、自治体が住民から買い取るハブはすでに死んでいることから「使い道がない」とごみとして捨てたり、焼却処分したりするケースが多い。





 ある役場の担当者は「以前は買い取り業者に買ってもらっていたが、今は引き取り先が見つからなくなった」と説明。別の役場の担当者は「再利用は考えていない。まずは危険生物の駆除が優先」と話した。





 そんな中、有効活用しようと取り組む自治体もある。久米島町では買い取ったハブを冷凍保存し、南風原町にある革製品の製造・販売を手掛けるyu―iFACTORY(ユーイファクトリー)に供給している。





 2年ほど前まで焼却処分されていたハブが、現在は財布や名刺入れなど「久米島産ハブ革」製品に加工され、島のホテルや空港に並ぶ。伊平屋村でも同様の取り組みを実施している。





 同社は年間600~800匹のハブを製品化。幸地賢尚代表は「ハブ革のために捕獲するのでなく、駆除のため殺処分されたハブを無駄なく活用したい。そういう流れが県内にも広がってほしい」と期待した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース