福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

名護オスプレイ墜落 米軍報告書「機体構造に問題ない」で調整

  • 2017年8月25日
  • 08:22
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
名護市の海岸に墜落したオスプレイ
名護市の海岸に墜落したオスプレイ

 【東京】防衛省と在日米軍が、昨年12月の沖縄県名護市安部で墜落したMV22オスプレイの事故調査報告書について「機体構造に問題はない」と結論づける方向で最終調整に入ったことが24日、分かった。在日米軍は沖縄タイムスの取材に「今週、防衛省と協議をして、追加の質問を受け付けている」と明らかにした。





 在日米軍は「調査報告書は最終確定した後、防衛省に提出する」としており、準備が整い次第、防衛省に提供される見通し。





 防衛省は事故から6日後に「事故は乱気流などで給油ホースとプロペラが接触したことによるもの」「機体構造を原因とするものではない」などとした米軍の説明を公表して、飛行再開を容認した。今回の報告書も同様の結論になるものとみられる。





 防衛省は昨年12月19日に米軍に事故調査報告書の提供を要請。日米合同委員会合意で原則6カ月以内に提供されることになっているが公表されず、同合意に基づき、9月まで延長されていた。





 オスプレイは昨年の名護の墜落事故の調査報告書が提出されないまま、今月にも豪州沖で墜落し、安全性に対する懸念が強まっていた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース