福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

人気の秘密は「インスタ映え」 宮古島のトゥクトゥク、観光客が注目

  • 2017年8月7日
  • 06:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
トゥクトゥクに乗って宮古島旅行を楽しむ観光客=7月25日、宮古島市のトゥリバービーチ
トゥクトゥクに乗って宮古島旅行を楽しむ観光客=7月25日、宮古島市のトゥリバービーチ

 【宮古島】タイやカンボジアなどで定番の小型三輪軽自動車「トゥクトゥク」を利用した観光サービスが宮古島で広がっている。時間貸しや、旅行写真をドローンで撮影する際の演出に利用され、観光客の思い出に花を添えている。写真や動画の共有アプリ「インスタグラム」で認知度が広がり、業者は「宮古島旅行の新たな形にしたい」と意気込んでいる。(宮古支局・仲田佳史)





 7月から「西里通り」近くで営業を始めたアップスレンタカー宮古島(木寺修二代表)はトゥクトゥクを時間貸ししている。テレビ番組で存在を知った木寺代表が「宮古島の雰囲気に合っている」とタイから4台を導入した。





 料金は1時間当たり4860円のレンタル料と、運転手が事故を起こした際の免責補助費2160円と割高だが、色鮮やかで窓がなく開放的な雰囲気が味わえる車両に注目が集まり、若者や家族連れを中心に貸し出しが増えている。





 人気観光スポットの伊良部大橋で海をバックに写真を撮影する人が多く、「インスタグラム」に掲載する若者も。初めてまだ1カ月だが、SNS特有の機能「いいね」で認知度が広まり、1日数件の貸し出しがあるという。





 観光で訪れた三友賢一さん(45)=東京都=は前もって宮古島に入りトゥクトゥクに乗って友人の須永和秀さん(45)=同=を宮古空港で出迎えた。三友さんは「南国らしいサプライズ演出。これなら盛り上がると思った」と振り返る。須永さんは「沖縄に来たのに何だかタイに来たみたい。乗っていると注目してもらえて優越感があった」と満喫していた。





 池間島の飲食兼雑貨店「シャム」(関塚拓店長)は7月から、ドローンでの記念撮影(2人まで1万円、3人以上は1万5千円)を利用する観光客を無料でトゥクトゥクに乗せている。店舗から池間大橋のそばにある広場までの往復約1キロの道のりを楽しめる。関塚店長は「気持ち良い風を浴びて、池間島の良さが感じられる。これを目当てに観光客が来れば島の活性化にもつながる」と期待した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース