福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

「重大事故が起きたのか」 サイレン音、深夜に響く 米軍施設から2時間以上 住民眠れず

  • 2017年7月10日
  • 06:36
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
(資料写真)米陸軍トリイ通信施設
(資料写真)米陸軍トリイ通信施設

 9日午後9時前から午後11時20分ごろまで、沖縄県読谷(よみたん)村の米陸軍トリイ通信施設でサイレン音が鳴り響いた。住民からの連絡を受けた嘉手納署が同施設に問い合わせたところ、施設内にあるビーチに備え付けのスピーカーの故障が原因。同施設側は復旧作業をしていると説明した。





 同施設に隣接する読谷村楚辺に住む村議会基地関係特別委員会の上地榮委員長は「かつて聞いたことがないサイレンの音でびっくりした。基地内で重大事件や事故が起きたのかとの声が区民から寄せられた」と戸惑った。





 村都屋の50代男性も「初めて聞くサイレン音で、気になって眠れない。ずっと耳障りな音が続いた。安眠妨害だ」と話した。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース