福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

沖縄の基地「自らの問題に」 東京で集会、県外移設など探る

  • 2017年5月23日
  • 09:17
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
在沖米軍基地を県外で引き取り、自らのこととして考えようと訴える登壇者=20日、東京都新宿区の早稲田奉仕園
在沖米軍基地を県外で引き取り、自らのこととして考えようと訴える登壇者=20日、東京都新宿区の早稲田奉仕園

 「沖縄の基地を引き取る会・東京」のメンバーは20日、東京都の早稲田奉仕園で、米軍基地がなぜ沖縄に集中しているのかについて考える集会を開いた。沖縄県外の人たちが基地問題を自らのこととして捉え、答えを出す必要性を訴えた。約50人が参加し、沖縄から基地を県外に移すための展望や在沖海兵隊の機能を周知させる重要性などが提案された。





 飯島信共同代表は「沖縄に集中する基地をどうするのかに運動の重点を置く。政治課題として議論を広めた上で、移設先について向き合っていく」と話した。





 佐々木史世さんは、元米海兵隊員による暴行殺人事件に抗議する昨年の県民大会で、玉城愛さんが言った「第2の加害者はあなたたち」との言葉に触発された。「この言葉を真っ正面から受け止め、全力で答えを出すべきではないか」と呼び掛けた。





 沖縄県内での反対運動にも参加している共同代表の浜崎真実さんは「基地はどこにもいらないとして、思考停止に陥っていたのかと考えさせられた。引き取ることで自分のこととして考え続ける。それが差別をなくす取り組みにつながる」と訴えた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース