福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

大玉で甘く 沖縄・今帰仁のスイカ、出荷待ち

  • 2017年5月19日
  • 10:34
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
出荷前、スイカ全体が太陽に当たるよう位置を変える作業を進める農家=18日午前、今帰仁村今泊(渡辺奈々撮影)
出荷前、スイカ全体が太陽に当たるよう位置を変える作業を進める農家=18日午前、今帰仁村今泊(渡辺奈々撮影)

 沖縄県内有数の生産量を誇る今帰仁産スイカ。二期作の収穫が始まっている同村今泊のスイカ農家・上間翔さん(29)のビニールハウスでは、次の出荷に向けた準備が進められていた。





 梅雨の晴れ間が広がった18日、さんさんと降り注ぐ太陽の光が、スイカ全体に満遍なく当たるよう一つ一つ位置を変える作業を続ける上間さん。額に汗をにじませながら「色づきが良くなり、大きく育つ」と笑顔で話す。





 JAおきなわ北部地区営農振興センターによると、今期のスイカは天候に恵まれ、大玉で糖度が高く仕上がっているという。同センターの島袋嗣也さんは「甘くておいしい今帰仁産スイカをぜひ食べてほしい」とPRする。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース