福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

辺野古護岸の着工:稲田防衛相は明言避ける「海象、気象次第」

  • 2017年4月7日
  • 18:17
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア0
  • 0
稲田防衛相(資料写真)
稲田防衛相(資料写真)

 【東京】稲田朋美防衛相は7日の会見で、名護市辺野古の新基地建設の護岸工事着工時期について、「現場における作業の進捗(しんちょく)、海象、気象の条件次第だ」と述べ、明言を避けた。





 岩礁破砕許可の申請を求めた県の行政指導に対しては、前提となる漁業権が「法定手続きを経て、すでに消滅している」と述べ、許可申請は不要として、工事を進める考えを示した。





 沖縄防衛局は現在、水の濁りの拡散を防ぐ汚濁防止膜の設置を進めており、20日にも護岸工事に着手するとみられている。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース