福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

トイレットペーパーはトイレに流そう 台湾政府が“改革” 「本当に大丈夫?」の声も

  • 2017年3月27日
  • 20:00
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
トイレットペーパーを水に溶かすデモンストレーションを写真で報じる15日付の台湾紙「聯合報」
トイレットペーパーを水に溶かすデモンストレーションを写真で報じる15日付の台湾紙「聯合報」

 【松田良孝通信員】「どうしてトイレに紙を流さないの?」-。県内を訪れる外国人観光客の振る舞いに、戸惑ったことのある県民も少なくないのではないか?。そんな中、使用済みのトイレットペーパーをトイレに流さない暮らしが定着している台湾で、政府が「流す」スタイルを推進し始めた。政府機関などの公共トイレ7万8千カ所で6月から実施する計画だ。ただ「本当に大丈夫なのか」と懸念する声もあり、“改革”の波が一気に流れていくかは微妙だ。





 台湾では、配管の関係やトイレで使うトイレットペーパーの溶けにくさなどから、使用済みの紙を流さない生活習慣が定着している。個人宅のトイレでも、便器のそばに小さなごみ箱を置き、そこに捨てる方法が一般的だ。





 小さなごみ箱は、例えば羽田からの直行便が発着する台北松山国際空港のトイレにもある。





 台湾の環境保護署(環保署、環境省に相当)は「使用済みの紙を流す」という生活習慣を「新しい観念」と位置付け、鉄道や観光業界、トイレットペーパー製造業界などとともに推進。ウェブでは「台湾では、トイレに紙を流すと、異臭や害虫が発生して環境を悪化させると考えられてきたが、世界の先進国ではトイレに流す方法が定着し、トイレは快適」と説明、「公衆トイレの管理やマナーの向上は国家の生活水準とその進歩を示す重要な指標」としている。





 水に流すライフスタイルへの切り替えに向けた取り組みでは、備え付けのペーパーがない場合には、公衆トイレの周囲10メートル以内に水に溶けるペーパーの自動販売機を設置するなどとしている。





 環保署の李応元(リ・インユアン)署長は14日の記者会見で「多額の予算を使わず、台湾をきれいにすることができる」とPR。配管の詰まりに対する懸念に応える形で、ペーパーを水に溶かして見せるデモンストレーションも行った。





 一方で異論もある。15日付の台湾紙「聯合報」によると、離島の澎湖県の衛生当局者は「澎湖は下水への接続率がゼロ。汚水が海に流れ込むため、ペーパーが十分に溶けなければ環境に影響を与える」と語った。「政府のごみ減量に対する取り組みは間違っていないが、地域によって状況は違う」とも述べ、施策の進め方に注文を付けた。





 自宅など私的な空間での紙については、環保署の担当者が「30年以上の古い家や古い配管については市民が状況を評価してからにしてほしい」と注釈を付けた。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース