福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

夢はブロードウェー 米トニー賞受賞ダンサーのスクールへ、沖縄から唯一の1期生

  • 2017年3月11日
  • 10:08
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
HBDA1期生に選ばれた小林祐佳さん(前列左から2人目)とヒントン・バトルさん(同左端)ら=2016年12月、那覇市内
HBDA1期生に選ばれた小林祐佳さん(前列左から2人目)とヒントン・バトルさん(同左端)ら=2016年12月、那覇市内

 世界的に著名なダンサー、ヒントン・バトルさんがプロデュースし、東京で4月開校する「ヒントン・バトル・ダンス・アカデミー(HBDA)」の第1期生に沖縄県嘉手納町の小林祐佳さん(18)が選ばれた。全国から約400人の応募があり、5日の最終審査で34人の狭き門に県内から唯一入った。「大好きな踊りを最後まで諦めずに追い求めたい」。米ニューヨークのブロードウェーに立つ夢に向け、この春、一歩を踏み出す。





 バトルさんは米演劇界で最高の栄誉とされるトニー賞を3度受賞。HBDAは世界的ダンサー養成を目指し、吉本興業が運営する。1期生はバレエとモダン、ヒップホップ、タップの4種類のダンスを最長3年間無料で学ぶ。





 5歳でバレエを始めた小林さん。コザ高進学後はダンスの魅力にはまり、昨春に卒業後も夢を諦めず、北谷町のスタジオで練習を続けた。最終審査を終え、バトルさんから「おめでとう」と合格を告げられると、涙が止まらなかった。





 ディズニー映画「モアナと伝説の海」の声優に抜てきされた屋比久知奈さん(22)は、同じバレエ教室の3歳上の先輩。小林さんは周囲の支えに感謝しつつ「1期生のトップを目指し、憧れのブロードウェーに立ってみたい」と語った。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース