福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

練習でも、街中でも 沖縄発のバスケブランド「OBK」

  • 2016年10月16日
  • 10:47
  • Twitterでシェア0
  • Facebookでシェア0
  • Google+でシェア
  • 0
沖縄発のバスケブランド「OBK」をPRするステップバイステップのスタッフ=那覇市牧志の同社
沖縄発のバスケブランド「OBK」をPRするステップバイステップのスタッフ=那覇市牧志の同社

 バスケットボール専門ショップを経営するステップバイステップ(那覇市、屋嘉謙呉社長)は、沖縄発のバスケブランド「OKINAWA BASKETBALL KINGDOM」(OBK、オキナワ・バスケットボール・キングダム)を立ち上げ、県内生産のTシャツやハーフパンツなどグッズの販売に乗り出している。





 バスケの人気の高さを表現する言葉として、「キングダム」(王国)を採用。デザインはシーサーやハイビスカス、守礼門などをモチーフに、沖縄らしさをアピール。トレーニングだけでなく、街中でも着こなせるよう、ファッション性を重視している。





 Tシャツは税別3600円から、パンツは同5200円から。県出身・関係のプロ選手も個人練習などで着用しているという。今後、長袖シャツやポロシャツなど品数を増やしていく考えだ。





 同社は、バスケットボール男子プロのトップリーグ「Bリーグ」の開幕に向けて、ブランドの構想を練った。自社でデザイン原案を考え、県内の縫製会社などと連携。9月17日に新商品を発売した。





 仲地昭太企画部長は「県内外のバスケファンに愛されるブランドに育てたい」と話している。問い合わせは同社、電話098(868)7348。


基地 from 沖縄 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

原発 from 福井 カテゴリーニュース

基地 from 沖縄 カテゴリーニュース