福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

討論型世論調査

 討論や学習を通じて参加者の意見がどう変化するかを調べる世論調査。討論の前後で複数回アンケートを行い、通常の世論調査と比べて熟慮した意見を得られるとされる。民主党政権が2012年に行った将来の原発比率の選択肢をめぐる調査では、討論後に0%案を支持した人の割合が46・7%と最多となった。これらを受け、同政権は30年代の原発ゼロを目標に掲げた。