福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

ベースロード電源

 発電コストが安く、1日を通して安定的に発電できる電源を指す専門用語。新たなエネルギー基本計画では、原発のほか地熱、一般的な水力、石炭火力をこれに位置付けた。政府は「ベース」が重要性を意味するものではなく、発電量とは無関係と強調している。基本計画はこのほか、ベースロード電源の次に低コストで出力調整が容易な「ミドル電源」に天然ガス火力を、高コストで需要の逼迫時に限定的に使用する「ピーク電源」に石油火力を分類した。