福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

福井新聞

電源3法交付金が住環境向上寄与 原発の行方・第2章(5)

福井県内の社会資本整備率  原発の立地・周辺自治体に配分される電源3法交付金は、さまざまな形で暮らしの底上げ・・・

高校生就職先、原発人気変わらず 原発の行方・第2章(4)

原子力関連企業に就職が内定した高校生を対象に行われた研修=2011年12月19日、福井県敦賀市白木 2011・・・

停電避け北陸電力管内に工場移転 原発の行方・第2章(3)

東京電力管内の停電リスクを回避するため工場を移転したアクロス=福井県鯖江市舟津町1丁目 「電力の安定供給・・・

敦賀の民宿は定期検査作業員頼み 原発の行方・第2章(2)

敦賀半島に立ち並ぶ「漁家民宿」。原発の定期検査に携わる作業員が宿泊客の多くを占めている=福井県敦賀市縄間  ・・・

40年廃炉が立地地域の経済直撃 原発の行方・第2章(1)

運転開始36年、37年の2基もある関西電力高浜原発。40年で廃炉となれば福井県高浜町の財政や地元経済に大きな影・・・

原発の安全評価「方法妥当」 IAEA調査団が検証結果

 定期検査で停止している原発の再稼働の条件となるストレステスト(安全評価)について国際原子力機関(IAEA・・・

福井県の原子力防災計画見直し 5キロ圏避難先を事前に選定

県原子力防災計画の見直しに関して意見交換した県と市町の第1回原子力防災連絡会議=2012年1月16日、福井県・・・

福井の福島原発事故被災者が結束 「FFFの会」設立、悩み共有

食事会で、震災発生直後の状況や現在の生活ぶりなどを話す出席者=2012年1月11日、福井市北四ツ居2丁目のカ・・・

高速増殖炉実用化目標は”逃げ水” 「もんじゅ」漂流・ナトリウム漏れ事故16年(下)

原子力研究開発利用長期計画での高速増殖炉の研究開発目標  使用済み核燃料を再処理・・・

原子力機構の組織体質に厳しい目 「もんじゅ」漂流・ナトリウム漏れ事故16年(中)

福島第1原発事故を受けエネルギー政策見直しの議論が行われている中で、研究開発の意義が問われている高・・・

見えぬ高速増殖炉の行方 「もんじゅ」漂流・ナトリウム漏れ事故16年(上)

 1995年に起きたナトリウム漏れ事故から8日で丸16年となる日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「も・・・

需要増で原子力に傾斜強めた関電 原発の行方・第1章(12)

原子炉格納容器の建設が進む大飯1号機と2号機(右手前)。初号機の美浜1号機に比べ、出力は3・5倍と大容量化した・・・

電源3法交付金が集中促す要因に 原発の行方・第1章(11)

原発の建設促進をめぐり、田中角栄首相が答弁に立った参院予算委員会=1973年12月11日(当時の福井新聞から)・・・

もんじゅをめぐり司法判断ぶれる 原発の行方・第1章(10)

もんじゅ行政訴訟の上告審判決言い渡し後、「不当判決」と書かれた紙を掲げる原発反対福井県民会議の小木曽美和子事務・・・

敦賀半島は多様な炉の「実験場」 原発の行方・第1章(9)

敦賀半島の先端部で建設が進められた高速増殖炉「もんじゅ」=1986年9月、福井県敦賀市白木(原子力機構提供) ・・・

住民投票に議会の壁、請求を否決 原発の行方・第1章(8)

敦賀原発増設計画をめぐり住民投票の条例制定を求める請求を否決した福井県敦賀市議会=1993年12月6日 ・・・

「安全前提」3原則掲げ県益確保 原発の行方・第1章(7)

日本原電敦賀原発1号機を視察する中川平太夫知事(左)=1981年12月18日、福井県敦賀市明神町  「挙・・・

反増設運動が拡大、安全性も監視 原発の行方・第1章(6)

敦賀原発3、4号機の増設反対を求める21万人の福井県民署名の第1次分を栗田幸雄知事(手前左)に提出する原発反対・・・

震災や原発事故、消費にも影響大 福井で市民調査、節約意識9割

 福井市の第三セクターまちづくり福井は、消費動向や中心市街地に求めるサービスや機能などのアンケート結果をま・・・

小浜の民意、誘致拒み市長動かす 原発の行方・第1章(5)

1970年代の原発設置反対小浜市民の会の運動を振り返る中島哲演さん(右)と深谷嘉勝さん=2011年11月11日・・・