福井と沖縄、原発と基地のニュースサイト

福井新聞

見返りに北陸新幹線?「バーター」論に批判の声 もんじゅとプルサーマル(11)

もんじゅの運転再開をめぐり、北陸新幹線の福井県内延伸など地域振興策も議論の焦点となっている=写真はコラージュ ・・・

もんじゅ直下の活断層、揺れる評価 もんじゅとプルサーマル(10)

もんじゅ敷地内の地質を調べるために行われたボーリング調査の掘削準備作業=福井県敦賀市、2008年8月 連・・・

原子力機構、遠い意識改革の道のり もんじゅとプルサーマル(9)

福井県幹部に、ナトリウム検出器の誤作動や通報遅れを陳謝する原子力機構敦賀本部の早瀬本部長(左から2人目)=20・・・

原子力機構、おぼつかぬ管理 もんじゅとプルサーマル(8)

もんじゅの2次メンテナンス冷却系ポンプ室で、配管のナトリウム検出器を改良型に取り換える作業員=2008年5月 ・・・

ナトリウム漏れ事故教訓、なお残る課題 もんじゅとプルサーマル(7)

もんじゅのナトリウム漏れ事故現場付近。空調ダクトは溶け、床にはナトリウム化合物が積もっている=1995年12月・・・

国民合意なき原子力政策 もんじゅとプルサーマル(6)

原子力政策大綱案について県民の意見を求めた「意見を聴く会」。核燃料サイクルに対する国民の合意形成は道半ばだ=2・・・

ふげんの末路に思い複雑 もんじゅとプルサーマル(5)

2003年に運転を停止した「ふげん」の中央制御室。スイッチや計器類は緑色のテープで封印されている=福井県敦賀市・・・

プルトニウム利用に国際社会厳しく もんじゅとプルサーマル(4)

検査データに不正があったMOX燃料を英国に返還するため、輸送容器に収納する作業。IAEAの査察官も立ち合った=・・・

高速増殖炉の空白と現実 もんじゅとプルサーマル(3)

核燃料サイクルのイメージ図 連載「動き出す2つの環 もんじゅとプルサーマル 第1部・主役と代役 (2)増殖か・・・

「夢の原子炉」誤算続き目標先送り もんじゅとプルサーマル(2)

もんじゅとプルサーマル計画の主な経緯  連載「動き出す2つの環 もんじゅとプルサーマル 第1部・主役と代役 ・・・

核燃料サイクル、揺れた国策 もんじゅとプルサーマル(1)

プルサーマルが計画される福井県の関電高浜3、4号機(上)と高速増殖炉「もんじゅ」。核燃料サイクルの行方を左右す・・・

国策の核燃サイクル、地元は常に負担 高浜原発プルサーマル 背水の再始動(下)

今春にも本格操業が予定される使用済み核燃料再処理工場。プルサーマルなど核燃料サイクルは国策として進められている・・・

地元に漂う不安と地域振興の期待 高浜原発プルサーマル 背水の再始動(中)

英国返還のため輸送船に積み込まれるMOX燃料輸送容器。地元住民にはプルサーマル計画への不安と地域振興に対する期・・・

後絶たぬトラブル、問われる成果 高浜原発プルサーマル 背水の再始動(上)

関電がプルサーマルを計画している高浜3、4号機。トラブル低減など信頼構築に向けた取り組みが問われている=福井県・・・

不信の連鎖、核燃サイクルを直撃 史上最悪11人死傷・美浜原発事故(下)

 国のエネルギー政策への貢献度では全国で筆頭格の福井県。それだけに今回の事故は「裏切られた」との気持ちだっ・・・

コスト主義、定期検査短縮化が遠因? 史上最悪11人死傷・美浜原発事故(中)

 事故は建屋内で二百二十一人の作業員が定期検査の準備を進めている最中に起こった福井県の美浜原発事故。十四社・・・

点検の盲点、2次系への甘さ露呈 史上最悪11人死傷・美浜原発事故(上)

 要注意個所だったはずの配管がなぜか、検査リストから抜け落ちた。関西電力が管理指針を設けてからでも十数年。・・・

原発マネー当て込む美浜町、自立遠く 中間貯蔵施設の行方(下)

 福井県美浜町が町制五十周年を迎えた昨春、久々子湖畔に町総合体育館が完成した。バレーボールコートならば・・・

美浜町、大揺れ核燃サイクルの消えぬ不安 中間貯蔵施設の行方(中)

 二〇〇三年六月、青森県むつ市は全国で初めて中間貯蔵施設誘致を表明した。市の累積赤字は年間予算規模の約七分・・・

美浜町、「原発の町」リード狙う 中間貯蔵施設の行方(上)

中間貯蔵施設の誘致推進決議案を賛成多数で可決した美浜町議会=2004年7月14日、福井県美浜町の同議会議場 ・・・